私が陶芸で作品を作る理由

私は、陶芸で作品を作っています。陶芸と聞くと、おそらく多くの人が食器や、東洋の国々、土器などを想像するのではないでしょうか。私の作品は普通の器の形をしていませんが、陶芸を選んだのには理由があります。私が、自分の考えを表現するためには陶芸でなければならない必然性を感じているからです。
長い歴史の中で職人や陶芸作家は、器の外側の部分(粘土で出来た部分の外側)がどれくらいユニークなのか、綺麗なのかに意識を向けてきました。しかし、私は視点を変えて陶器の外側ばかりではなく、内側にある目には見えない本体の部分に意識を向けようと考えました。
陶芸の起源は色々な説があると思いますが、陶芸の歴史は2万年以上前に遡るといわれています。陶器ができたのは、人間が火を使うようになった事が大きな原因の一つだと考えられます。人間は他の動物とは違い、調理をするようになりました。火を使い、肉を焼いたりするようになったのです。火を使ううちに、火が風などで吹き消されないよう竈(かまど)を使うようになり、その竈(かまど)を作っていた土が、火で焼かれたことにより、水をかけても元の土ではない他の物質に変化したことに気づきました。そして、その変化を利用して簡単な器を作り始めたのが陶器の始まりだと言われています。
一般的に、陶器を見る時には粘土で出来ている部分を想像します。しかし、本当は内側の空間を必要として作られたものです。煮炊きをしたり、食べ物をいれる空間です。ですから、陶器の本体は内側の空間ということになります。内側に意識を向けた結果、私の作品は少し変わった形になりました。これらの作品は、形はそれぞれ違いますが、全て陶器の内側の空間を作る意図で作られています。それは内側を粘土で形作っているわけではありません。正確には内側の空間と外側の境界線を形作っています。これは、外側に意識を向けて作っていた陶器も同様です。しかし、外側を作っていた場合では自分は境界線を作っているんだという意識は無いかもしれません。
境界線を作るということは、人間が大昔からしてきたことです。人間は言葉を持つようになってから、身の回りの物や動きや様子などをそれによって表現するために実際には終わりがなかったり、独立して存在し得ないものに境界線を付けてきました。例えば、物ですが、山はどこからが山なのかという明確な境界線がありません。机の上のペンは見た目は1つの塊のように見えますが、バラバラにした後は、同じ物だったはずなのにペンとは言いません。「歩く」という動詞についてですが、私たちは歩きますが、主語になっている私たちを抜かして歩くという動作だけが独立して存在するという状況はありえません。だから、万物にははっきりした境界線は存在しないと考えられるのです。言葉を持つことは境界線を作らなければいけないことと同意になります。言葉を持っているのは、今のところ人間だけと言われています。”Art”には「人口」という意味もありますが、私はアートとは人間だから作れたことだと考えており、まさしく、この境界線を作るという作業は最も人間らしい行動の一つだと考えています。
では、なぜ陶芸で作るのでしょうか。内側の空間と外側についての話をしましたが、陶器以外にも、容器の素材として使われているものは世の中にたくさんあります。金属や木など、今ではプラスチックなどの石油製品、日々多くの物質が実用の素材として使われ始めています。空間である本体をつくるのであれば、他の素材を使ってもいいはずです。
陶器は時代と共に幅広く多様なものに使用されるようになってきました。ただの食器を作る素材としてだけではなく、彫刻、壁を飾るタイル、錆びない刃物、人口の歯、など、分野を越えて使用されています。科学的に研究され、陶器の利点を生かして私たちの生活を便利にする一因となりました。
ところが、美術としての陶芸は進歩が乏しい状況であると私は考えています。現代陶芸では壷や皿などを作ることからの脱却のために、彫刻やインスタレーションのような作品を作りだしていますが、なぜ、わざわざ陶器で作るのかという理論が曖昧になっています。それには陶芸であるという必然性が欠けているからです。ただ、珍しい作品を作れば新しい陶芸と言われ、理論もない抜け殻のような状態になっているように思います。どのような作風であっても陶芸でなければ表現できないという必然性を持つ事が、陶芸の条件だと私は考えます。そこで私は自分が陶芸で作品を作る必然性について説明します。
まず、「人間は自然と共に生きている」という私の考え方を表現するのに陶芸はとても適していると考えるからです。私の作品は「私が粘土を形作る行為」と「素材の起こす現象」が半分ずつ合わさって出来ています。日本人の自然観では、「人間は自然と共に生きている」という考え方が昔からあります。それは、私の生き方にも大きな影響を与えています。
粘土が引き起こす現象をみると、なぜか懐かしい気持ちになります。まるで、山の中、海の中、砂漠の中など、地球上のさまざまな場所の中にいるような気持ちにさせられます。触れてみればひんやりとしていて、地面に触れているように感じます。私は、森や川などがが美しいと感じるように、陶芸の表情を美しいと感じます。それはなぜでしょうか。「陶芸」とは、地球が行ってきた火山活動などの再現ともいえるからかもしれません。現在でも、陶芸で使われている原料の大部分は自然の鉱物から出来ています。これらを混ぜて高温で熱します。そして固めることで石のようなものを人工的に作り出しているのです。自分の作品を生物が誕生する以前から続いてきた自然の現象に委ねるのです。
次に、陶芸特有の「素材が生み出す美しさ、自然の現象を作品に取り入れる」という考えが私が陶芸を選ぶもう一つの理由です。陶芸をする上で、「自然のなりゆきに任せる、素材に任せる」という独特の考え方があります。この考え方では、全てを人間がコントロールしようとするのではなく、私たちの意志と同様、素材の特性・自然の成り行きも尊重します。
例えば、粘土はひび割れるものですから、それを無理にひび割れないようにしなくても良いのです。物質が生み出した自然の割れ目の中に私たちは美しさを見つけることが出来ます。粘土はざらざらですから、無理につるつるにする必要もないのです。そのざらつきの中に愛着を見つけることが出来ます。粘土をつなぎ合わせれば、つなぎ目の線や手の跡が残ります。ですが、消す必要はないのです。その跡が美しいのです。
陶器の特性上、窯で焼いた後、作者はもうその作品に手を加えることも、元の粘土に戻すことも出来ません。絵を描くように書き足したり、金属のように溶かしてまた金属に戻したり出来ないのです。最後は作品の完成を炎に任せなければいけないのです。しかし、そのおかげで全てを人間の力で作り上げたものとは違う美しさを持つようになります。

以上のように、陶芸で作ることで、私は、境界線を作るという人間らしさを表現しながら、自然と共に生きる人間らしさも表現できるのです。私にとって陶芸は、文中で述べた様に「私たち」と「歩く」が独立して存在しえないといったように、切っても切り離せないものなのです。[:en]

Why I use ceramics as a medium

The medium I use to express myself artistically is ceramics. When people come across the word ceramics, they tend to think of food vessels, the Eastern world, or ancient earthenware pottery. Although my ceramics do not take the form of ordinary bowls or other vessels, there is a reason why I have chosen ceramics as my medium of expression: It is inevitable for me to express my thoughts through ceramics.
Throughout history potters and ceramic artists have focused on how well and unique the outside surfaces of vessels are. I, on the other hand, make it a point to change the perspective and focus more on the inside, which is not readily visible, instead of focusing on the outside surfaces of vessels.
There are several theories of the origin of ceramics, but in general it is said that the origin goes back more than 20,000 years. Ceramic vessels were created when humans started using fire. Humans, unlike other animals, started to cook. They used fire and they cooked meat. In order to prevent fire going out due to wind, humans created earthen ovens. Once they fired the ovens they realized that when they poured water on them, the soils of which they were composed had changed into a different material. Humans made use of this transformation and started to create simple vessels. The art of ceramics has begun.
In general when people see ceramic vessels, they think of shapes formed from clay. But the inner space of the vessels (the space used for cooking and placing food,) is what constitutes the essence of ceramics. Because of this, the actual body of a ceramic vessel itself would be the inner space. This focus on the inner space led me to create somewhat uniquely shaped works. All of my works have different shapes, but all of them are made with the intention of creating the inner space of a ceramic vessel (container). My intention is not to shape the inner space with clay, but to create a boundary between the inner space and the outer space. This holds true even for the ceramic vessels that are made with focus on the outer spaces. However when I focus on these “outer spaces”, I sometimes do so without making a conscious effort to create a boundary.
Creating boundaries is something that humans have been doing since ancient times. After humans started using language, in order to deal with objects, movements, and the atmosphere around them, they created boundaries where there had formerly been none. Also, they found it practical to demarcate certain things (such as a mountain) in order to separate them from a continuum of which they were a part. A pen on a table looks as if it is one object, but after we take it apart, even though it is the same object, we do not call it a pen anymore. The verb “to walk,” cannot exist by itself without a subject, such as “we”. Therefore, it can be said that there is no clear boundary between anything. When we use a word, we are creating a boundary. The word “Art ” also has the meaning of “man-made”. I think that humans are the only beings to create art – and the action of creating boundaries is one of the most humanlike behaviors.
So, why ceramics? I have talked about the inner space and the outer space of ceramic vessels, but there are various materials such as metal, wood, and plastic, being used for making containers every day. To make the space of a container itself, various kinds of materials will work.
The use of ceramics has widely broadened in today’s world. Ceramics is used not only as a material for making foodware, but also as a material for varieties of sculpture, wall decorating tiles, non-rusting knives, and false teeth. Ceramics is now a legitimate scientific discipline whose applications to our lives plays an important role in contributing to utility, convenience, and pleasure.
On the other hand, I feel that the progress of ceramics in the field of art is not as notable as in other fields. In the world of modern ceramics, sculptural works and installations have been created in order to include more than merely making pots and plates. Unfortunately, the reasons for using ceramics as a medium for such works has been left vague, because there is no guarantee that the material being used has to be ceramics. A work is considered to be “new ceramics”, only by creating something unusual and unique – which to me looks like a cast-off skin without any theory. No matter what kind of style a work is, I think the requirement for ceramics work is that the material being used has to be ceramics in order to express what the artist wants to express. Therefore, I would like to explain why it is inevitable for me to create ceramics works.
First, ceramics is suitable to express my belief of “Humans living in harmony with nature”. My work is the result of combining two parts together. “My shaping of the clay” and “a phenomenon created by the material.” Japanese perceive nature as something that humans have been living together with since ancient times. This concept of “live in harmony with nature” has had a huge impact on the way I live my life as well.
I somehow feel nostalgic when I look at the phenomenon that clay creates. It makes me feel as if I am in various places on Earth such as, in a mountain, in the sea, and in the desert. The coolness of the clay to my touch makes me feel as if I am touching the ground. I see beauty in every expression of ceramics just as I see beauty in forests and rivers. I feel this way because ceramics can be seen as a reappearance of the volcanic activity and other activities that Earth has been continuing to display. Even today, most of the materials used in ceramics derive from natural minerals, with the materials being mixed together and fired at high temperature to create stonelike materials. Artists leave the final result of their work up to the natural phenomena that have been taking place since before life appeared on Earth.
Another reason I choose ceramics as a medium is the unique characteristics of ceramics. They incorporate the beauty of the material, and of natural phenomena. There is a unique concept of “leaving the results up to nature and the material” when practicing ceramics. This way of thinking does not apply to the actions of people trying to control everything, but rather honors our will while allowing the material’s characteristics to show themselves.
For example, clay cracks, so it is not necessary to prevent the clay from cracking. We can find beauty in the natural cracks that the material has produced. Clay is coarse and it is not necessary to make it smooth. We can feel fond of that coarseness. When attaching clay together there will be a line and some marks form the hands. But again, it is not necessary to erase all those marks, but instead to find beauty in them.
Because of the nature of ceramics, once the piece has been fired, the artist cannot manipulate the piece or bring it back to the clay stage. It is not the same as adding more to your drawing or melting a metal and redoing the process. In ceramics, the artist must relay on fire in order to produce a complete work. Because of this, a work carries a beauty different from something that is entirely manmade.
As mentioned above, using ceramics as a medium, I am able to express the humanity of creating boundaries, as well as the humanity of living in harmony with nature. Ceramics and I are inseparable, just like the example of “we” and the “action of walking” cannot exist by themselves.[:]