在り処

  

在り処

物には在るべき処があります。
切り離せない物もあります。
一時的に離れたとしても、必ずまた出会うことになるのです。