soko

何かに行き詰っていいるとき、自分が終わりの見えない壁に囲まれているように思いました。
その壁は上りたくても、垂直なので上ることもできず、ただ上に見える外の世界を眺めるのです。
それは寸胴鍋の底の様だと思いました。

Concept in English


Copyright © 2015 Yuri Kezuka All Rights Reserved.